ぶろぎりはんこく

アクセスカウンタ

zoom RSS 「もう一度、散歩してみようか?」

<<   作成日時 : 2008/01/16 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
○今回の登場人物

猫野和錆:
玄霧藩国所属の医者。
初詣以来、好き、愛してるが止まらないダメな男
クリスマスの返事を見て
「俺が好きなのはちゃんと信じてくれんといかんよ!」等と
脳みそが膿んだことを考えて態度を堅くして真面目に臨もうとしたが
猫耳の一撃で完全敗北する。(弱すぎるぞ和錆
追加攻撃でネックレスをつけてきてくれている、等。
かわいすぎるよ・・・常識的に考えて・・・・
月子さんの不安と憂鬱を払うことができるか?


猫野月子:
猫野和錆の(城島月子からの)個人ACE。
今回は猫耳を装備して登場。
だ、誰から俺が猫耳好きだとか聞いたの!?
編入試験のせいか、和錆のせいか
少し憂鬱気味。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【もう一度、散歩してみようか?】


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


猫野和錆:こんばんは、芝村さん。小笠原ゲームに参りました

芝村:記事どうぞ

猫野和錆:こちらになります

いつもお世話になっております。予約を確定させていただきます

【予約者の名前】1100652:猫野和錆:玄霧藩国
【実施予定日時】1月15日/20:00〜21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10
【召喚ACE】
 ・猫野月子:個人ACE:0
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1100652:猫野和錆:玄霧藩国:入学済:10

芝村:イベントタイプは?

猫野和錆:もっと親密になりたいのですが・・・なにかオススメのイベントなどありますでしょうか?(汗

芝村:親密って7・7やん?

猫野和錆:なるほど。

じゃあまず6・6くらいになってみたいのですが・・・・(汗

オススメとかなければ、えーと。二人きりで初デートがしてみたいのですが

芝村:月子と仲良く…

猫野和錆:む、無理なんですか(汗

芝村:あ。そうか。いい場所があるよ。

猫野和錆:おお?

芝村:図書館選んでおきます

2分待ってね

猫野和錆:はい。

よろしくお願いします!

芝村:


/*/


芝村:そこは藩国丸ごと図書館だ。

ビルも本棚なら道も本棚だ。

さすがにここでは車も走れない

猫野和錆:(これは・・・ミーアさんがいった図書館かしら・・・?)

芝村:月子は猫耳装備だったが、この風景見てふわぁーと言った。

猫野和錆:「まわり中本だらけだ・・・すごい・・・」

猫野和錆:ねこみ・・・!?

猫野和錆:「月子さん、こんにちは」

月子:「? 変なワサビーム。さっきからずっと隣よ?」

猫野和錆:(猫耳月子さんって・・・・えええええ!?

芝村:月子、ちょっと得意そう。ふふーん。

猫野和錆:「そ、そうか・・・そうだったか・・・」(ぐるぐる

「月子さん・・・その・・・猫耳はいったい・・・?」(真っ赤になりながら

月子:「この間、元猫妖精さんたちが装備してたのを見て、ついでに買ってきたの」

猫野和錆:あ、そういえばネコミミ以外どんな格好でしょう。ネックレスとかつけてきてくれましたでしょうか

芝村:月子は髪を軽くゆらしてにこーと笑った。

芝村:ネックレスはつけてるね。ミニスカートにニーソックスでセーターだ

猫野和錆:「・・・正直にいって、ものすごくかわいい・・・参った・・・」

月子:「でしょー!?」

芝村:月子はきゃっきゃっと笑った。友達がいたら一緒にジャンプしてたに違いない。

月子は我に返ってこほんといった。

月子:「えーと。ごめんなさい。いきましょ?」

猫野和錆:「うん。いこう。」(笑いかけます

芝村:月子は図書館でこれはないと反省している。

猫野和錆:恋人つなぎで手をつないでみたいのですが、できそうですか

芝村:とぼとぼついてきてるね。

芝村:んー。微妙

猫野和錆:じゃあ無理にはやめてときます

「ネックレス、つけてきてくれたんだ。うれしいな」

芝村:月子はにこっと笑った。

月子:「せっかくワサビームからもらったものだもんね?」

猫野和錆:「ありがとう。嬉しいよ」(一番の笑顔で

芝村:月子:「大事にする……ワサビームが私を忘れても」

猫野和錆:む。

「俺が月子さんを忘れたりするもんか。大丈夫だよ」(真剣な顔で

「ずっと忘れない。ずっと一緒にいたいと思ってる。」

芝村:月子は寂しそうに微笑んだ。

猫野和錆:「月子さん、そのネックレスね。実は俺の分も作ったんだ。俺も、持ってていいかな?」

月子:「うん」

猫野和錆:「ありがとう。月子さん。」(まださびしげですか?

芝村:少しね。

芝村:彼女はそれをどこか置いていくように元気良く歩いた。

月子:「編入試験の勉強って、言っても・・・ここは大きすぎるよね……」

猫野和錆:「そうだね、本当に大きい」

猫野和錆:「・・・月子さん、悩んでることとか、困ってることがあったら、俺も一緒に考えさせて。君と一緒にあるいていきたいから」

月子:「……編入試験はがんばる」

月子:「私の模試の成績見たの?」

猫野和錆:「・・・いや?勝手に見たりはしないよ」

猫野和錆:「何か勉強でわからないところでもある?」(まかせて、という笑顔で

芝村:月子は顔を赤らめた。

月子:「頼りにしてます」

芝村:少し下向いて貴方の袖をつかんだ

猫野和錆:「俺は頭はよくはないけど、試験とかそういうののつまらない勉強の対策は得意だから。教えさせてくれるとすごく喜ぶよ」

猫野和錆:「ワサビームに、任せてください」

月子:「うん。最近、勉強できてなかったから……」

しかも元々病弱であまり学校にいってない

猫野和錆:「気にすることないよ。月子さん。勉強は、やればやっただけ、かならず前に進むから。対した事ないよ。一緒に頑張ろう!」

月子:「さすがお医者様は違うなぁ」

月子:「ごめんね・・・」

猫野和錆:「俺は、月子さんだけが、世界で一番好きだよ。本当だ。」

猫野和錆:だきしめられますか?

芝村:ここは往来だよ?

猫野和錆:ああ、図書館でも人はたくさんいますか・・・・

猫野和錆:じゃあ、えーと。手をにぎって、目をみつめます

芝村:月子は顔を赤くして、ちょっと困った風に笑った。

猫野和錆:「俺、簡単な気持ちではいってないから」(顔を赤くして、真剣に

月子:「わ、分かってるよ……子ども扱いして」

芝村:月子は照れたが、照れ顔は子供っぽい

月子:「まずは勉強だけど……」

猫野和錆:「子ども扱いはしてないつもりだったんだけど・・・」(照れて

芝村:月子はうう。といった後、勉強に行った。

猫野和錆:手伝います

丁寧に。あんまり根つめすぎないように。

芝村:その前に目当ての本を探すのが大変だ。

迷いそう。

猫野和錆:おおう

芝村:というか、迷った。

猫野和錆:ええっ

芝村:ここはどこ?

猫野和錆:月子さんとははぐれてません?

芝村:ええ。月子は隣だよ

猫野和錆:「本ばっかりで本のいいにおいがするのはいいんだけど・・・どこも似たような感じで・・・迷ったぞこれは。参った」

月子:「案内板……きゃっ」

猫野和錆:む

猫野和錆:うけとめます。どうしました

芝村:白骨だ。

遭難者のものらしい。

猫野和錆:「標本・・・・ではなさそうだな・・・」

猫野和錆:軽く、弔いの祈りを。

猫野和錆:「・・・というか、迷ったね。どうしよう。月子さんは何か言い方法思いつく?」

月子:「いやもう、なんというか」

月子:「図書館なのここ・・・」

猫野和錆:暗殺者に着替えてあるんですが、来た道とか覚えてませんよね。迷ったといってるくらいなんだから

猫野和錆:「でかすぎるよなあ・・・。」

月子:「えっと。どうしよう……」

猫野和錆:「月子さん、探索の魔術とかは使える?」

月子:「魔法も携帯も、使えないみたい……」

猫野和錆:「む、そうか。じゃあ頑張って帰り道を探すしかないね」

芝村:探すには幸運で10・or感覚で15

ACEの能力は使えない

猫野和錆:感覚15・・・

猫野和錆:両方とてもないですね・・・

芝村:さらに迷った。

月子:「やった。目当ての本を見つけました……が」

猫野和錆:「目当ての本はあったか。とりあえずそれはよかった」

笑います。こういうときこそ笑わねば

天井や床、壁に意味のありそうなものはありませんか?

図書館だからなんらかの分類わけもしてあると思うのですが(まさか迷わすために作ってるわけではないと思うので

「あとはがんばって帰るだけだ」

芝村:意味ありそうなのは一杯あるね。

ありすぎて困る。知識で10あればどうにかなりそうだ

猫野和錆:なんでここにきて知識ー!!

知識は暗殺者なので5しかないです・・・なんてこったくそー

芝村:分からなかった・・・・

猫野和錆:うーん

「こうなったらちょっと無礼だけど、高いところから探してみようか・・・」

月子:「魔法もつかわずに?」

猫野和錆:「一応、今の体なら上ったり降りたりは出来ると思うんだけど・・・」

本棚、上れそうです?

猫野和錆:「月子さん、なにかいい手は思い浮かぶ?俺だけじゃちょっとつらそうだ」

芝村:敏捷で7いるぞ

猫野和錆:敏捷は6・・・失敗する公算が高いですね

芝村:ためしてもいい

猫野和錆:のぼってみる前に、月子さんのアドバイスをきいてみたいんですが。

猫野和錆:なにも思い浮かばなそうですか?

月子:「中学生向きの本って、そんなに奥にあるかな?」

猫野和錆:「ふむ。確かにそうだね」

「手前にあるはず・・・」

「大声で、助けを呼んでみようか。ちょっとはずかしいけど」

芝村:外見・幸運で5だ。

どちらかあるかな?

猫野和錆:
外見2、幸運0ですね・・・うーん

マッドでもないのですけど、両方

俺、荷物で何かもやせそうなものもってませんか

(ええいくそ、この図書館二度とこられねーだろうな)

芝村:月子は微笑んだ。

月子:「もう一度、散歩してみようか?」

猫野和錆:楽に、笑い返します

「そうだね、月子さんと一緒なら、俺はどこにいてもいい」

芝村:月子は微笑みました。

猫野和錆:「楽に、散歩してみようか。それでダメなら、まあ俺が本棚上るなり、なんでもするよ」

芝村:貴方と一緒に、歩き出しました……
芝村:


/*/


芝村:はい。お疲れ様でした

猫野和錆:はい、お疲れ様でした

うーー これ、遭難してます?


芝村:評価変動は+1+1でした

そうだね

猫野和錆:おお、そ、それはめでたい

芝村:次回は遭難したままの状態で再開だ

猫野和錆:ぐわー(遭難

時系列的には、月子さんを困らせたりはしませんか?

猫野和錆:(俺だけログアウトして月子さんを一人にしたりとかは。

芝村:ああ。今回だけはない

猫野和錆:よ、よかった・・・

うーん、何かもっと良い方法を考えねば・・・・

芝村:(なぜならこのイベントは4・4越えの遭難イベントなのであった)

猫野和錆:試練再び!?

補習授業ですかOTZ

芝村:楽しいイベントだよ。

はい。では解散しましょう。お疲れ様でしたー

猫野和錆:はい。ありがとうございましたー。続きは来月です(苦笑

芝村:あらら。ログアウトしそうだねー

ではー

猫野和錆:では、失礼いたします!

しませんしません!w

芝村:まきの話をもう一度見るといい

芝村:ではー

猫野和錆:はい。勉強してきます

猫野和錆:では!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「もう一度、散歩してみようか?」 ぶろぎりはんこく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる