善行忠孝様へのお手紙

善行忠孝様

こんにちは、突然のお手紙失礼いたします。
玄霧藩国のアポロと申します。
随分と長い間、藩国として、不義理をしておりまして大変申し訳ございません。
お詫びしてもしきれるものではありませんが、お詫びをさせていただきたく、藩国代表としてお手紙いたします。

今回のクーリンガンとの戦闘においても善行さんは参戦されていたと伺いました。
善行さんのお力のおかげで国民の皆さんも私たちも救われております。
本当に、ありがとうございます…!
必死で戦闘されているのにこちらから対応が何もできず、本当に申し訳ございませんでした。
お怪我など、されてはいませんでしょうか。
今、何か不足しているものや、必要なものはありませんでしょうか。
クーリンガンとの戦闘では、色々と戦闘の後も悪い影響が出ているということを伺いました。
とても心配です…何か必要なものがあったらおっしゃってくださいませ。
出来るだけのことをさせていただきます。
また、現在国内で外交問題についての騒動も起こっていることと思われますが
こちらについても現在対処を講じているところです。

私たち第7世界人がいたらなさすぎて、皆さんに辛い思いばかりさせてしまっていることは重々承知しております。本当に申し訳ございません。
皆さんのいのちと、生活を守れるよう、国として力を尽くしてゆきたいと思っております。
これ以上大事な人やものを失う人が出ないよう。

第7世界人の私たち全員そうですが、特に善行さんのことを大事に思い、心配しているものもおります。
いつも大切な使命のために身を粉にして働いてらっしゃることに感謝するとともに、善行さんのご無事もお祈りしております。
どうか、善行さんご自身のお身体も大事になさってくださいませ。

                                      
                                          玄霧藩国代表 アポロ・M・シバムラ