ぶろぎりはんこく

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月9日 火焔と地獄の泣き虫クロギリ 〜もしくは「バカがバイクでやってくる」〜

<<   作成日時 : 2010/02/10 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜前回までのあらすじ〜

2009年2月の誕生日ゲームのあとから行方不明だった火焔を、2009年9月、ついに発見する玄霧。(未公開ゲーム)
#ヒント:生活ゲームのタイミングがかなりなかった
ようやくみつけたものの、場所は(悪童さんが保護している関係で)涼州藩国だった。
バイクで直行するものの、火焔は(あたりまえだが)盛大にヘソを曲げており、玄霧は悪童さんに泣きつくのであった。
そして、2010年2月。ようやく生活ゲームを確保したのだった。

………
……


玄霧:
こんばんはー、生活ゲームを遊びにきましたー

芝村:
記事どうぞ

玄霧:
【予約者の名前】11-00230-01:玄霧弦耶:玄霧藩国
【実施予定日時】2/9 23:00〜24:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・玄霧火焔:個人ACE(仮):0 #可能である場合
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・11-00230-01:玄霧弦耶:-0:入学済

#誕生日枠申請中

以上になります。

また、質疑掲示板で誕生日枠(2/7)を申請中でして、このようにかかせてもらってます。
誕生日枠のほう、大丈夫でしょうか?

芝村:
OK。イベントは?

玄霧:
バンバイクにのって、火焔を迎えに行こうと思うのですが
大丈夫でしょうか?>情勢的になどで

芝村:
いんじゃね

玄霧:
では、それでお願いしますー

芝村:
OK 二分待ってね

玄霧:
はーい


/*/


芝村:
ここは涼州だ。

玄霧:
はい。バイクの機嫌はどうでしょうか?

芝村:
まあ、しょんもりしてるね

玄霧:
ぬうん。
あ、一応念のために確認しますと
現在、PLの本体?のほうは第五世界にいるので今動かしてるのはPLACE。
という認識でOKでしょうか?

芝村:
ええ

玄霧:
有難う御座います。ではとりあえずバイクに

「すまんなぁ。本当なら火焔もお前も皆と他のマシンも一緒に俺の誕生会でもしたかったんだけどなぁ」

と声をかけつつ、反応を待ちます。その間に、周りの様子を見る感じで

芝村:
バイクは一度、吹いた。
涼州は復興をすでにおえたようだ。

玄霧:
ふむふむ

芝村:
凄い国力だ・・・

玄霧:
「さすがだなぁ・・・」

と、そういうことならさっさと悪童さんに連絡つけたほうがいいですかね
バイクに頼んで悪童さんに連絡つけてもらうことできますか?
通信機的なものがついてると思うんですが

#まあ、そんなことしなくとも目立つんですぐ来そうですけど

芝村:
悪童は城の前でまってるぜ

玄霧:
おお

では、向かうとしましょう。

既に城の前なら、「毎度毎度すみません」と挨拶でもしつつ

芝村:
城の前にとまった

悪童:
「ずいぶんかかったね!」

玄霧:
「そういわんでください! タイミングがなかったんです!!」
「俺だってもっと早くに来たかったですよ!」
「あ、でも、本当に有難う御座います」(頭を下げながら

悪童:
「えー」
「まあ、向かえいってやれよ。さされてもなきつくな」

玄霧:
「はい、まあ、刺されても自力でナントカする程度の覚悟は決めてきました」
ということで、迎えにいきたいとおもいますです。オス

芝村:
悪童は手を前回でふっているが怒られたようだ

玄霧:
ブワッ

芝村:
さて。城の中に入ったよ

玄霧:
バイクからは降りている、でいいでしょうか?

芝村:
ええ

玄霧:
#ですよねー
とりあえず、悪童さんから場所は聞いているだろうし、周囲の様子でも見ながら目的地に行こうと思います

芝村:
ええ。
廊下でばったりあった

玄霧:
「あ」

芝村:
ドレス姿だ
貴方を見て、しかめつらしている

玄霧:
「あー、その、かなり待たせました。ごめんなさい」(スライディング土下座

芝村:
火焔はにっこりわらった。

火焔:
「どなたかしら?」

玄霧:
ブワッ(予想通りだぜ)
「色々ヘマして大事な人を失いかけた上に探して迎えにくるまで物凄い時間をかけた玄霧弦耶その人です」(土下座を続けながら

火焔:
「あら。大変ね?」
「が・ん・ばってくださいね!」

玄霧:
「だからー!ゆるしてー!」がばっと飛び起きつつ

火焔:
「知らない」

玄霧:
うぬおー。予想通りなのにどうすればいいのか想像がつかない!
あー、とりあえず。抱きしめておきます
なんか逃げられそうだしいっそのこと。

芝村:
華麗に逃げられた
おいつけない

玄霧:
全力で追いかけます
「ごめんなさいおれがわるかったからもうほんとうにいろいろ限界なんだって」

芝村:
がんばって走ってる

玄霧:
「いやもう本当に火焔がいないとダメダメなんで帰ってきてくださいお願いします」
と、ひたすら謝りながら追いかけます

火焔:
「いや」
「ぜったいいや」

玄霧:
「愛してるから!」(追いかけながら

火焔:
「おー、うそ、つき」

玄霧:
「うそじゃねぇー!」(スピードを上げつつ

火焔:
「は。一年前にそれ、ききたかったわ」

玄霧:
#一年前の誕生日イベントのときに言ったよ!言ったよ!いなくなってから探すのに時間かかったけど!

芝村:
#アイドレス時間

玄霧:
#正月の時かー!
「じゃあ一年どころか10年分でも100年分でも!」
と、いってから「愛してるから!」を連呼しつつ。で
#自分でもかなりバカなことをしている気がしますが

芝村:
火焔は立ち止まって貴方を見た。

火焔:
「この線から、こないで。じゃ!」

玄霧:
「断る!」
「今逃すくらいならなんだってやってやるわい!」
「こっちはもうあえない日々が長すぎて限界なんじゃーい!」

火焔:
「ばっか、こっちは三週ぐらいしてもう愛想だってつきたわよ!」

玄霧:
「こっちは4週はしてもっと愛しくなった!」
「むしろ愛想つかしたことなんかないが!」

火焔:
「えー」
「まあ、考えとくから、誠意見せて」
「明日来て。明後日も。それで考える!」

玄霧:
「明後日まででいいのか!?」
「俺はもう何日でもくるぞ」
「火焔が帰ってくるまで延々かよっちゃる。悪童さんには迷惑かけるがしったことか!」
「というか、むしろ今日つれてかえる道中で延々誠意を見せてもかまわんくらいの覚悟だぞ」

火焔:
「よし。よくいった」

玄霧:
「というかだな、火焔がいないのが耐えられないので毎日あってくださいほんとに」

火焔:
「じゃあ。約束ね」

玄霧:
「その約束すると一緒にかえってくれますか」
「いや、うん、一応いっておくと、毎日こいというなら毎日通うが」
「帰ってきてくれないのもこまる!」

火焔:
「実際見てから、考える」

芝村:
火焔はそういった。


/*/


玄霧:
おのれー

芝村:
はい。おつかれさまでした

玄霧:
お疲れ様でしたー
とりあえず、約束したということでOKですかね

芝村:
ええ

玄霧:
あとはまあ、今のうちに(ゲーム期間にという意味で)
r:バンバイクを使って火焔が帰ってくるまで毎日通う。ただし、藩国の仕事もする
というのを通しておきたいのですがー
#あまりマイルに余裕がなくて!

芝村:
うん。いいよ

玄霧:
というか、冷静に見返してみると途中なにやってるんでしょうね。
ギャグ補正かなにかがかかってるのかといわんばかりに
や、まあ、なんというか。非常に疲れました(苦笑)
仕事先の人に謝り倒すよりよっぽど(笑)

芝村:
ははは
はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
2月9日 火焔と地獄の泣き虫クロギリ 〜もしくは「バカがバイクでやってくる」〜 ぶろぎりはんこく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる