ぶろぎりはんこく

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月30日 玄霧の告白

<<   作成日時 : 2007/12/05 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

芝村:2ゲーム目選択してイイデスよ

玄霧:あー、なるほど
玄霧:や、びっくりしました。今まで2時間で区切られたことが無かったんで(笑)
玄霧:ではそうですねー。街に買い物でも。火焔も娯楽に飢えてそうですし

芝村:はい。
芝村:では2分ほどお待ちください。

玄霧:はい


/*/


芝村:火焔は貴方と瀧川をコガにのせてジャンプした。
芝村:走って逃げた。

玄霧:脱走も華麗だのう
玄霧:警備のほうはどうなってます?

芝村:警備は大騒ぎしたが、貴方は目をつぶった。

玄霧:こころで謝っておこう


/*/


芝村:ここは街だよ。

玄霧:はい。周囲の状況はどうですか?

芝村:平穏だよ。
芝村:火焔は嬉しそうに周囲を見ている。

玄霧:「ま、たまには気晴らしをしないとな。何かかいたいものある?」と火焔に
玄霧:「無ければ俺の買い物に付き合って欲しいんだけど、と」

火焔:「好きに買ってくれば?」
火焔:「食べ物買うぞ。いくぞコガ!」

玄霧:「いやー、一緒に行って欲しいなぁ。とっておいていくな!
玄霧:仕方ないのでついていきます

芝村:もう、遠い。

玄霧:ぬぉー!

芝村:コガは速かった。
芝村:見失った。

玄霧:ヘリ、呼べますか
玄霧:上空から探してやる・・・
玄霧:って街中でどうやってのるんじゃー!(セルフツッコミ

芝村:ヘリ?

玄霧:バンヘリを召還できないものかと。もしくはバイクで追跡はモウ遅いかもしれんですが
玄霧:(いや、そうそうそういうものに頼ってはいかんのだ・・・)
玄霧:仕方ない。周囲の店をしらみつぶしに探します
玄霧:できますか?>探索

芝村:ええ。
芝村:出来ますよ。今探しています。

玄霧:安心しました。
玄霧:ここで出来ないと言われたら軽く凹んでました(笑)

芝村:凹むのはこれからだ。

玄霧:はっはっは

芝村:1d6して1が出たら見つかる

玄霧:1ってまた悲しい数字ですね
玄霧:ふってOKですか?

芝村:ええ。2なら1時間後、3なら2時間後に見つかる。

玄霧:えーと、もしかして6とかでたらだいぶあと?とおもいつつ
玄霧:1d6

芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
[mihaDice] 玄霧@時間犯罪、ダメ。絶対 : 1d6 -> 5 = 5


玄霧:OTL

芝村:4時間後。

玄霧:俺にダイスをふらせてはいかんのだー!

芝村:貴方はぼろぼろになって病院に戻ってきた。

玄霧:「うう、警備の人たちゴメンナサイ」
玄霧:といいつつ帰還します(ホロリ

芝村:火焔は部屋で楽しそうに南天と話していた。

玄霧:火焔は楽しそうですか?
玄霧:というか怪我はありませんか?

芝村:火焔は楽しそうだね。怪我はない。

火焔:「あれ、またきたの?」

玄霧:それだけで安心できる俺はそろそろやばいかもしれない
玄霧:「いや、見失ったんで心配で」
玄霧:結局見つけれなかったんで一旦帰ってみたんだけど。と

火焔:「えー。あ、そうだ。買い物どう」

芝村:南天があわててシーツを動かした。

玄霧:何か買えてたことにできる流れですか?(笑)

火焔:「またまたー。お大臣様も、嘘が上手ですなあ」

玄霧:シーツというと、着替え中とかだったりしたんですかコレ

芝村:いえ。火焔があぐらかいているんだよ

玄霧:あー、ベットの上でですか
玄霧:んではそうですねぇ
玄霧:近づいていって抱きしめます
玄霧:いやもうそろそろ心配が度を越えるんでコウでもしないと平静が(苦笑)

※まだこの辺では(半分)冷静だった

芝村:南天がぎゃー。という顔をしていた。

火焔:「なに?どうしたの?」(面白そうに)

玄霧:「いや、こうでもしないとそろそろ自分が持たない」

火焔:「歩きすぎ?」

玄霧:「心配で心配で」
玄霧:「火焔がどこかにいきそうで」

火焔:「えー」
火焔:「そろそろ、離してくれない?」

玄霧:「すまん。あと少しだけ頼む」
玄霧:「俺はどこまでいっても中身が気弱だから。安心が無いと動けない」

火焔:「……」

玄霧:「火焔がもう好きで好きで」

火焔:「そうでしょうね」

玄霧:「病院にいるって聞いたら倒れかけたし」

芝村:火焔は微笑んだ。寂しそうに。顔をだげた。

火焔:「ありがとう。いい友達もって、あたしも嬉しい」

玄霧:「火焔の前では強気でやろうと思ったけど、中々出来ないし」
玄霧:「俺は友人としてじゃない。火焔に恋している」
玄霧:「お見合いのときに戦友、としかいえなかったのが情けない」

芝村:火焔は鼻で笑った。
芝村:火焔寂しそうに笑った。

火焔:「嘘ばっかり」
火焔:「コガ!」

玄霧:「嘘じゃない」と力強く

芝村:貴方はコガにかまれて追い出された。

玄霧:抱きしめます
玄霧:ぎゃー

芝村:ドアが閉まった。


/*/


玄霧:ふっ・・・(遠い目
玄霧:ゲームシュウリョウデスカ?

芝村:まだだ。

玄霧:ウィス

芝村:今はドアの前だ。

玄霧:まだまだ
玄霧:鍵、掛かってますか?

芝村:あと3分で早期終了
芝村:コガが押さえている。

玄霧:なるほど
玄霧:ドア越しに会話はできますか?
玄霧:地下の霊安室なんでちょっと苦しそうですが

芝村:無理だね。

玄霧:くっ
玄霧:窓ありましたよね

芝村:よほどの大声でないと、中には届かない
芝村:小さいのが

玄霧:人は通れませんか。
玄霧:大声なら届く、と

芝村:人は無理だね。確認用の窓だ。
芝村:あと1分

玄霧:では

芝村:10

玄霧:生まれて今まで出したことの無いような大声で

芝村:5

玄霧:「かえーーん!」

芝村:4

芝村:3

玄霧:「好きだ!結婚してくれ!」

芝村:2

玄霧:「指輪ももってる!」
玄霧:「空けてくれ!」

玄霧:指輪、自分の国の木を削ったヤツですが

芝村:1

玄霧:「好きなのはうそじゃない!」
玄霧:「言った言葉に責任は取る!」
玄霧:「ソレくらいは俺でもできる!」

ドアの向こう:「嘘、嘘っ、嘘!」
ドアの向こう:「嘘、嘘っ、嘘! 嘘、絶対嘘!」

玄霧:「嘘だというなら!」
玄霧:「証明してやる!空けてくれ!」

ドアの向こう:「だってアンタ、いつもごまかしているじゃない! 距離とってるじゃない!私のほうみてないじゃい!」

玄霧:「俺は!」
玄霧:「恥ずかしがりやなんだ!」
玄霧:「アレでも俺の精一杯の愛情表現なんだ!」

玄霧:やべぇ、自分でチキン認定してる

ドアの向こう:「……私は信じないから」

芝村:警備員達がやってきた。

玄霧:「5秒で証明してみせる」

芝村:貴方は連れて行かれた。

玄霧:ぎゃー


/*/


芝村:はい。お疲れ様でした。ゲーム終了です。

玄霧:死ぬ、はずかしくて死ぬ・・・
玄霧:おーれーはーあーほーかー
玄霧:ちょっと水とってきまし・・・

芝村:いいじゃないか。青春だよ

玄霧:過ぎ去った青春がかえってきたきがします

芝村:ははは

〜数分後〜

玄霧:絨毯に盛大に水ぶちまけてきました(笑)
玄霧:あかん、てがふるえてる

芝村:あららら

玄霧:(タオル押し付けて暫く放置)

芝村:評価は、きくかい?

玄霧:えぇ、心して

芝村:+0+1

玄霧:えー

芝村:次が試練だ。

玄霧:えー・・・
玄霧:えーと
玄霧:チョット叫んできます

芝村:いってらっしゃーい

玄霧:きっと家族はリアルダメ人間を見る目でみるでしょう(笑)

芝村:よくある話だ

玄霧:いやー。裏が池なんですよ
玄霧:よく反響した
玄霧:秘宝館には1・1でOKですかね

芝村:ははは。はい

玄霧:試練かー・・・
玄霧:なんかここまで長かったような短かったような
玄霧:いやいや、ようやくスタートライン・・・

芝村:ようやく本番だね。
芝村:地獄が。

玄霧:えぇ。マイルをかせいではつぎ込み稼いではつぎ込み。
玄霧:地獄の小笠原ってやつですね
玄霧:(どうやら試練内容が地獄だとは考えたくないようだ)

芝村:ええ。値上げしようかと

玄霧:値上げとな

芝村:男だけ

玄霧:ひでぇ!ひでぇですよ!

芝村:嘘

玄霧:心臓に宜しくないデスゼ・・・
玄霧:ふへはー、今回のだけは公開したくねぇー!(ごろごろ

※後に公開することになるとはこのときは思わなかった

芝村:稼げる人はまだしも、稼げないひとはなあ。
芝村:そう言う人のためにも値上げはないな

玄霧:ですねぇ。こう、稼げるネタもいい加減尽きてきましたからねー
玄霧:公式SDの相手をしてやると2マイルとかだったら何人かくるんじゃね?とか前に思いましたけど誰が得するのかと

芝村:そうねえ。
芝村:さて、では解散しましょう。お疲れ様でした。

玄霧:はい。ありがとうございましたー

芝村:おめでとう

玄霧:いえ、まだこれからです

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月30日 玄霧の告白 ぶろぎりはんこく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる