ぶろぎりはんこく

アクセスカウンタ

zoom RSS アララと手下一号

<<   作成日時 : 2007/11/21 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
11月21日に行った小笠原ゲームのログです。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



影法師:こんにちは。
影法師:小笠原ゲームを遊ばせていただきに参りました。お時間よろしいでしょうか
影法師:(んと。お忙しかったでしょうか…。しばし待たせていただきますー

芝村:うははは
芝村:失礼しました。記事をどうぞ

影法師:はい、お忙しいところすいません。
影法師:http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?pastlog=0001&no=181&act=past&mode=allread#211

芝村:いえいえ。記事をどうぞ

影法師:記事はこちらになります。過去ログに沈んでしまったので、内容のほうも

芝村:OK.イベントは?

影法師:下校がてらに少しお話できるかなと思ったのですが
影法師:学校、無事なんでしょうか(汗

芝村:下校ならいいよ

影法師:はい、ではそれでお願いします

/*/

芝村:登校した瞬間に休校になったよ。
芝村:みんな。えーという感じだ。
芝村:あなたは朝から下校することになる。

影法師:「まさかの展開……」
影法師:「いや、まあ、いいか。こういう場合ってすでに織り込まれてんのかな」
影法師:ということで校門までとんぼ返りします。

芝村:はい。アララが大きな鎌持って歩いている。嬉しそう

影法師:「………おはようございます(鎌を見なかったことにしながら」

芝村:アララは無視した。
芝村:スキップして歩いていった。

影法師:「(銃刀法とか大丈夫なのか? いや、なんかいろいろぶっ飛んでる)」
影法師:「ってちょっと待ってくださいよー」 と勝手についていきます

芝村:アララは敵を探しているようだ

影法師:「あー……。なんか病院に出てきたとかなんとかいうやつを探してるんですか?」
影法師:「それで鎌なわけですよね。たぶん(ついていきながら」

芝村:アララ:「ついてこないほうがいいわよ」

影法師:「置いてけぼりのほうが嫌です」

芝村:アララ:「強い敵がいそう。ふふっ」
芝村:アララ:「どんな死に方するかしら。いい男がいたりして」

影法師:「居てもやっぱり殺すんですよね」
影法師:「いや、まあ。負けるとは思ってませんけど、死なないでくださいね」

芝村:アララ:「何、手下になりたいの?」
芝村:アララはきらきらしていった。
芝村:嬉しそう

影法師:「いや、半分そのつもりで付いてきてたんですけど(ぇ」

芝村:アララ:「偉い。よし」
芝村:アララ:「手下一号。いくわよ」

影法師:「イエスマム。(一号なのがちょっと嬉しいらしい」
影法師:「(まあ、やさしい死神着てんだからなんとかなる…と思っておこう)」
影法師:「で、どこ向かってんですか?」

芝村:アララ:「分らない。敵のいるところ」
芝村:アララは戦闘の匂いがするので出てきたようだ。

影法師:「ああ、絶賛偵察段階なんですね」
影法師:「襲われたのは病院で、そっちは撃退しちゃったらしいですけど」

芝村:アララ:「病院か。頭悪い敵ね」

影法師:「戦えるような人員が居ないとこ襲ってるあたりが、ですか?」

芝村:アララ:「金を狙ってるなら銀行、強い敵と戦いたいなら、戦場、女が好きなら女子高を襲えばいい」
芝村:アララ:「病院なんて。頭が悪いとしか思えない」
芝村:アララは独自の価値観だ。いやアララらしいが

影法師:「ああ、なるほど。医者と患者ぐらいしか居ませんしね、病院」
影法師:「虐殺好きだったりしたんですかね」

芝村:アララは軽蔑したような顔をしている。
芝村:面白くもなさそうに

影法師:「あー…すいません。口閉じます」
影法師:とりあえず今の小笠原ってなんか火薬のにおいだーとかするんでしょうか。そもそも判別できるのかの問題ですが

芝村:火薬は匂わないねえ

影法師:は ということは何か匂ったりしてるんでしょうか(磯のにおいとかだとへこみます(ぇ

芝村:いや、何も。
芝村:おそらく、匂わないのが凶器だね

影法師:「(しょんぼり)そういえば見えないだのなんだのって話も耳にしましたけど」

芝村:アララ:「目立たない美少年?」

影法師:「美少年はどうなんでしょう。美男子かもしれませんし」

芝村:アララ:「あー。でも残念、私、卑怯で病院襲う小悪党なんてきらい」
芝村:アララ:「殺して遊ぶか」

影法師:「まあ、そこは同意です。遊ぶのはお任せしますけど」
影法師:「なんつーか・・・少し見ない間にこうも変わるのか、小笠原」

芝村:アララ:「戦場になってからははやいわよ。」
芝村:アララ:「私もそうだったから」

影法師:「そうなんですか(ちょっと寂しそうにアララさんを見ます」
影法師:「さって……。もしかして、みなさんお帰りになっちゃった感じなんですかね」

芝村:アララ:「ついたわよ」
芝村:アララ:「ふむ。戦場ね。なるほどなるほど」
芝村:アララ:「敵はここから学校に向かっていったのね」
芝村:アララは薬莢を拾った。牛乳瓶並みの大きさだ

影法師:「ここから、ですか」 ここってどこでしょうorz
影法師:「人型戦車かRBの類使ってるんでしょうか>薬莢」

芝村:アララ:「病院、からよ」
芝村:今は病院の前です。

影法師:ああ、了解です

芝村:薬莢は30mm砲弾。帝國製だね

影法師:ん。もしかしてルウシィさんあたりが使った奴ですか?

芝村:地竜のかもね

影法師:ああなるほど
影法師:「ここから学校…。確か紅葉の藩王を追っかけて移動したらしいですね」

芝村:アララ:「男?」

影法師:「女性だったはずです」
影法師:「でも確か金の林檎だかを所持してたんで、女好きだったわけじゃないと思います」
影法師:「……たぶん」

芝村:アララ:「そうか。女狙いじゃない。残念ね。今日の格好はかわいいのに」

影法師:「いや、まあ、その。多分追っかけてきそうな予感はしますけど…(今更赤くなりつつ」

芝村:アララはウルトラミニスカートに見せブラしている。

影法師:鼻にティッシュ詰めときます

芝村:黒いスーツだ。
芝村:アララ:「敵、出ないわね」

影法師:「ですねえ……。別なとこに隠れてるか、やっぱり帰っちゃったんじゃないですか?」
影法師:「もしくは全滅しちゃったのか」

芝村:アララ:「どうしよう・・・」

影法師:「探して歩きましょうか。歩兵は足が資本っていいますし」

芝村:アララ:「今日も暇だったら、寝るかも」
芝村:アララ:「そうね」
芝村:アララは機嫌よく歩き出した。
芝村:どちらにいくと進言する?

影法師:どちらとはどちらでしょう(汗

芝村:場所。
芝村:貴方はアララを案内出来るよ(笑)
芝村:どこでもいい

影法師:いい感じにぐるぐるしましたorz 選択肢がすでに出ていたのかとorz
影法師:そうですねえ……。洞窟にだけは行かせたくないのですが、そこ以外に小笠原って怪しい場所はあるんでしょうか

芝村:もっと別のところでもいいよ(笑)
芝村:遊園地とか

影法師:は。普通に自分が忘れてましたorz
影法師:「じゃああれです。遊園地行って見ましょう」
影法師:「観覧車使えば遠くまで見えますし」

芝村:アララ:「天才」
芝村:アララ:「よし。戦闘にいこう」

影法師:「了解です。てきぱき動きましょう」

芝村:とはいえ。小笠原にはそんなものはなかった。

影法師:「ごめんなさい。遊園地ならあると思ってましたorz」

芝村:あるのは港に、にゃんにゃん共和国が建造した観覧車だけだ。
芝村:75m級だね

影法師:おお。じゃあそれを代わりに提案しますっ
影法師:「えっと……港に観覧車があるはずですっ。でっかい奴っ」

芝村:アララ:「よし」
芝村:アララ、お金払って乗った。
芝村:嬉しそう

影法師:「うう。これぐらい自分が出すのに…(自分の分も払って乗ります」
影法師:「(壊れないよな。とまらないよな。揺れないよな)」

芝村:アララは外を見ている。

影法師:「見えませんねぇ……」 向かい側に座っておきます

芝村:目がきらきらだ
芝村:アララ:「人が蟻のようだ」
芝村:・・・ヤッパリ悪人だ(笑)

影法師:「そのノリでビーム撃つのとかはなしで!(笑」

芝村:アララ:「誰だと思ってるのよ。私を」
芝村:アララ:「悪には悪の論理があるの」

影法師:「流石です。ちなみにどんなのがあるんでしょう」

芝村:アララ:「観覧車に乗ってるときに人を殺したりしない」
芝村:まんまだった。

影法師:「わかり易いことは素晴らしいです」
影法師:「アララさんは高いとこ好きなんですか?」

芝村:アララ:「ううん」
芝村:アララ:「観覧車が好きなだけ」

影法師:「何か思い出でも?」

芝村:アララ:「別に」
芝村:アララは急に黙った
芝村:嫌な思い出でもありそうだね

影法師:「えーっと……(窓の外に視線を移しながら)」
影法師:「す、すいません。気が利かなくて」

芝村:アララ:「私の思い出だもの」
芝村:アララ:「誰も知らないわ」
芝村:アララは外を見たままだ

影法師:「(あう……) …関係ないんですけど、観覧車って言えばよく一番上で止まりますよね(外を見ながら」

芝村:アララ:「そうね……」
芝村:鏡に映るアララの顔は憂いに満ちている。
芝村:綺麗だね。

影法師:くらっときます(駄
影法師:「あう。ティッシュティッシュ……」

芝村:観覧車は止まらなかった。敵も見つからなかった。
芝村:戻ってきた。

影法師:「見つかりませんでしたね…。」
影法師:「見つけたのは泉が吹っ飛んでたことぐらいでした。なにか見えました?」

芝村:アララはのびーした。
芝村:アララ:「いいわ。どこか、遊びいかない?」

影法師:「喜んで」
影法師:「じゃ、じゃあ今度こそ遊園地行きませんか?」

芝村:アララ:「ないんでしょ?そういうところ」

影法師:ああ。観覧車がなかったんだとずっと勘違いしましたorz
影法師:「あう。じゃあ今度一緒に行きましょう。遊園地はっ」

芝村:アララ:「他は?」

影法師:「他はですか……。この季節だと泳ぐのも寒いと思いますし、公園吹っ飛びましたし。……どこか行きたいところがあるんでしたら、俺はどこへでもついていきますけど」

芝村:アララ:「んー。食べ物とか」

影法師:「食べ物ですね。駄目なものとかあります?」

芝村:アララ:「甘いものを食べるわよ」

影法師:「了解。どっか甘味処探しましょう」

芝村:喫茶店が近くにあるよ

影法師:「ん。喫茶店発見。入りましょうか」  …コーヒーしか出さないような雰囲気じゃないですよね(ぇ

芝村:カップルの入る店だね。
芝村:明るいよ。
芝村:自然光がふんだんに入る。ログハウス風のところだ

影法師:「…えっと、嫌だったら、別なところにしましょうか?(お店の前のあたり」

芝村:アララ:「なんで?」
芝村:アララ:「綺麗じゃない」
芝村:アララは入った。窓際の席でジュースとケーキのセットを頼んでいる。
芝村:アララ:「ショートケーキに紅茶」

影法師:ついていきます。ぱたぱたと
影法師:「こっちは紅茶とチーズケーキでお願いします」
芝村:アララ:「ヘビイチゴのジュースとか飲まないの?」

影法師:「チャレンジャーなジュースですね……。すいませんけどご遠慮します」

芝村:アララは冷たい目で貴方を見た。
芝村:アララはそっぽ向いた

影法師:「だ、だってこういう店でチキンレース・・・・・・すいません! ヘビイチゴのジュースも!(弱」

芝村:アララは窓の外を見ている。
芝村:ああ。見事に場が盛り下がった

影法師:orz

芝村:どうする?

影法師:「アララさんは何で戦うんですか?」

芝村:無視された

影法師:「…………ごめんなさいorz」
影法師:「敵、居ませんでしたね」

芝村:アララ:「そうね」

影法師:「どこから来たんでしょう」

芝村:アララ:「この世界のじゃないみたいね」
芝村:アララ:「アララ、たいくつ」

影法師:「すいませんorz」

芝村:アララ:「別に」
芝村:アララ:「ケーキ、こないわね」

影法師:「あう……。そうですね」

芝村:ケーキがきたよ

影法師:ぎゃふん。頭にお湯が上がってきた感じに会話が、がorz
影法師:「うう。もう少しまともな会話ネタ持っておけよな俺……(ケーキちまちま食べながら」

芝村:アララ:「おいしいわね」

影法師:「はい。チーズケーキも絶品です」
影法師:「ショートケーキはどんな感じですか?」

芝村:アララ:「美女の胸かしら」
芝村:(意訳:柔らかい)

影法師:「じゃあアララさんの胸みたいな感じなんですね。きっと」

芝村:アララはにこっと笑った。

影法師:自分で言っといて恥ずかしくなります
影法師:「ええと……(視線を泳がせ) こ、こうちゃもおいしいですよっ(ぐるぐる」

芝村:アララ:「そうね」

影法師:そしてヘビイチゴジュースを頼んだことを結構本気で後悔します。
影法師:「(後付で頼むからだよなあ…(遠い目)」

芝村:ヘビイチゴジュースはうまいよ。
芝村:でもまあ、なんだろう。ついに盛り上がらないまま、終わりました。

/*/

芝村:はい。お疲れ様でした

影法師:げふっ。すいませんすいませんすいませんorz
影法師:お疲れ様でしたーorz
影法師:なんというか、申し訳ない気持ちがいっぱいですorz

芝村:ははは。

影法師:なんか舞い上がって終始ぐるぐるしてました…orz
影法師:小笠原コワイトコロ
影法師:今回評価値変動ってあったのでしょうか…(恐る恐る

芝村:えーと。
芝村:+2+2→-3-3→+1+1
芝村:変動0から+1+1だね

影法師:ぎゃふん。最終値が+なのが唯一の救い(遠い目
影法師:勉強しますorz
影法師:と、自分からは特にありません。お忙しいと思いますのでこのあたりで。
影法師:お時間いただきありがとうございました。お疲れ様でしたー

芝村:秘宝館には2・2でたのめます

影法師:はい。ありがとうございます

芝村:ではー
芝村:お疲れ様でした

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アララと手下一号 ぶろぎりはんこく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる